半沢直樹2ホワイトナイトのフォックスの郷田行成の正体は?


半沢直樹2ホワイトナイトのフォックスの郷田行成の正体は?をお届けしています。

東京証券の半沢と森山は、スパイラルを助けるべく試行錯誤した結果、スパイラルが新株を発行してホワイトナイトのフォックスが新株を引き受けるという手段にでます。

ですが、半沢はフォックスの社長を信用できないといい、フォクスの財務を調べると売り上げは落ち込み気味だとわかり、しかもフォックスのメインバンクが親会社である東京中央銀行だったんです。

 

半沢直樹2ホワイトナイトのフォックスの郷田行成の正体は?

森山はフォックスの社長・郷田行成は電脳雑伎集団のオフィスにいくのを目撃するが、両社にはなんの取引はありませんでした。

しかし森山は、東京中央銀行がフォックスに約1000億円程度の融資することを突き止め、そこで、スパイラル瀬奈がフォクスの郷田に確認を取ると、その融資銀行は「白水銀行」だと言い、嘘をついていることがバレます。

 

瀬奈はスパイラルを失う!?

 

 

やはり、フォックス郷田は嘘をついていました!

スパイラル社長・瀬奈が大洋証券と契約を交わす前に、ギリギリで半沢と森山はそれを阻止することに成功します。

半沢は大洋証券を脅し、誰の私事でやったのか黒幕は誰なのか問いただすと、なんと東京中央銀行の「伊佐山」だと答えました。

また、伊佐山が出てきましたね!

伊佐山がフォックスを使ってスパイラルを買収しようとしていたようです。

半沢に邪魔をされた伊佐山は激怒し、半沢と対面しますが、東京セントラル証券がスパイラルとアドバイザー契約を交わしたことを、伊佐山に伝えると伊佐山は再び激怒しますが、お互いに宣戦布告を言い合います。

 

まとめ

半沢直樹2ホワイトナイトのフォックスの郷田行成の正体は?をお届けしています

フォックスの郷田行成という人物、最初はあの笑顔からは怪しさは感じ取れませんでしたが、やはり裏切り者でしたね。

半沢と森山のおかげでスパイラルは無くならず、東京セントラル証券とアドバイザー契約を結びましたがこれからどうなっていくのでしょうか?!

最後は、大和田が悪そうな顔をして笑っていました。

今後の展開も注目していきたいと思います!

それでは、半沢直樹2ホワイトナイトのフォックスの郷田行成の正体は?を最後までお読みいただきありがとうございました。

>>半沢直樹2動画1話から最終話を無料視聴する方法は?