三浦春馬多部未華子共演作品アイネクライネナハトムジークの感動シーンまとめ

三浦春馬多部未華子共演作品アイネクライネナハトムジークの感動シーンまとめ

こちらの記事では、三浦春馬多部未華子共演作品アイネクライネナハトムジークの感動シーンまとめをお届けしていきます。

2019年9月20日に公開された映画『アイネクライネナハトムジーク』は、ベストセラー作家伊坂幸太郎さんの原作をもとに三浦春馬さん、多部未華子さん共演の“幸福な出会いの連鎖から生まれた奇跡のラブストーリー”です。

劇的な出会いを待つだけの男・佐藤を演じた三浦春馬さん、偶然佐藤と出会う女性・紗季を演じた多部未華子さん、その他個性的な豪華キャストの俳優が集結し、音楽は斉藤和義さんが主題歌を担当されました。

主演の三浦春馬さん、多部未華子さんの素で笑っているような演技が見ていて「ほっこりする」「癒される」などのたくさんの声があります。

7月18日に亡くなられた三浦春馬さんの笑顔がたくさんの方の心に残るような映画です。

三浦春馬多部未華子共演作品アイネクライネナハトムジークの感動シーンまとめと題して、映画「アイネクライネナハトムジーク」の感動シーンをまとめみましたので、ぜひ最後までご覧ください。

 

三浦春馬多部未華子共演作品アイネクライネナハトムジークの感動シーン

三浦春馬さんの自然ではにかんだような笑顔、整った顔立ちをくしゃっとさせて見せる笑顔には、多くのファンの方々が魅了されてきたかと思います。

また俳優としての演技力もとっても評価が高かった三浦春馬さんは、これからたくさんの期待があったと思います。

それでは、アイネクライネナハトムジークにはどんな感動シーンがあったのかご紹介していきます。

 

アイネクライネナハトムジークのあらすじは?

三浦春馬多部未華子共演作品アイネクライネナハトムジークの感動シーンまとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの作品は、歌手である斉藤和義さんが伊坂幸太郎さんに作曲をお願いしたことが始まりでした。

その始まりの一つのストーリーが「アイネクライネ」です。

劇的な運命の出会いを求めすぎている・佐藤を三浦春馬さんが演じ、ヒロイン役の佐藤と偶然出会う紗季を多部未華子さんが演じています。

佐藤は仕事で街頭アンケートを行なっている途中、ストリートミュージシャンの歌にほんの少し聞き入っているところ佐藤の隣に偶然現れたのが紗季でした。

佐藤は紗季に「アンケートのご協力していただけませんか?」と声をかけたことがきっかけで出会いました。

2人は付き合い始めることになり10年後にはプロポーズをする、不器用ながらも人々の巡り合いの連鎖を10年に渡り描いていくストーリー。

宮城県仙台市を舞台に何気ない日常を描いたラブストーリーで、たくさんの出会いがあり、様々な人の日常から出会いが生まれます。

そんな日常を描いた作品です。

 

三浦春馬の役柄は?

三浦春馬多部未華子共演作品アイネクライネナハトムジークの感動シーンまとめ

 

 

 

 

 

 

 

佐藤役

劇的な出会いを求めすぎているだけの男・佐藤は、マーケティングリサーチ会社の勤務しています。

仙台駅前で街頭アンケートをしている佐藤(三浦春馬)は、なかなかアンケートに答えてくれる人が見つからずにいた。

そんな中、答えてくれたのは珍しくリクルートスーツを着た同い年の女性紗季(多部未華子)出会うのでした。

 

多部未華子の役柄は?

三浦春馬多部未華子共演作品アイネクライネナハトムジークの感動シーンまとめ

 

 

 

 

 

 

 

紗季役
佐藤と偶然出会う女性・紗季は、フリータをしています。

駅前のストリートミュージシャンの何気なく聞いていたら、偶然佐藤の隣にいて、佐藤から街頭アンケートを頼まれることになります。

 

アクライネナハトムジークの感動シーンまとめ

感動シーンをご紹介していきます!

 

①佐藤が紗季に街頭アンケートをお願いするシーン

三浦春馬多部未華子共演作品アイネクライネナハトムジークの感動シーンまとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

一つ目の出会いは、佐藤が紗季に街頭アンケートをお願いしたことが出会いの始まり。

もう一つは美容師の美奈子に常連の香澄が弟を紹介して、2人は電話から始まり交際まで至ります。

いろいろなシーンで偶然が重なり出会いが訪れ、それは突然ではなく日常的なことで訪れます。

『あの時あの場所で出会ったのが君でよかった』
出会いってすごいよなぁ〜たくさんの偶然が日常には落ちてるんだなって思えた
劇的じゃなくていいからもっと毎日を大切にしたいですね登場人物たくさんで物語も交差していくのが井坂さんぽいなと思った
映画は思い出がいっぱいおちてるのが私は好きやったご飯がいいね
音楽の使い方がおもしろいかも〜
引用:https://filmarks.com/movies/78818?page=3

 

②紗季がバス越しに佐藤に気づくシーン

三浦春馬多部未華子共演作品アイネクライネナハトムジークの感動シーンまとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

10年前に佐藤と紗季は出会って、10年間交際しプロポーズをしましたが紗季は苦い顔をして実家へ帰ってしましました。

思い出すだけで情けなくなった佐藤は何気なくバス通りを見ると紗季がバスに乗り行ってしまいました。

次のバス停まで先回りしようと走り出します。

バス停までたどり着きますが再び走り出すバス、それを何度も繰り返しようやくバスより先にバス停にたどり着きました。

紗季は佐藤がいることに気づき、佐藤と紗季は目が合います。

出会いがいろいろ繋がってた😳
多部ちゃんがバスから三浦春馬に気づいたときのあの場面がすき🥺この人と出会えてよかったって思えるの大切だ〜
観終わったあと、いい映画だなぁてなる☺️
引用:https://filmarks.com/movies/78818

 

久々に出会って向かい合わせで夕食を食べる佐藤と紗季。

会話が続かず紗季が作った肉じゃがを食べていると紗季が「良いですよ!」と言いました。

佐藤は訳がわからず「何が?」と聞き返すと紗季が呆れたように「結婚!」と言います。

佐藤はようやく気づき驚くと、紗季はその反応に笑いながら「ダメですか?」と返します。

佐藤は「末長くよろしくお願いします。」紗季も「こちらこそよろしくお願いします。」と言います。

2人は笑いながら、再び箸を握ります。

 

 

些細な出来事での幸せを見つけたり、人とのつながりで生まれた出会いなど、様々な場所での出会いが感動に繋がっています。

普段の日常でもありそうで見逃してしまう出会いに目を傾けてみると些細な出会い、素敵な感動シーンがあるのかもしれませんね。

 

三浦春馬多部未華子の共演作品は他にどんな作品がある?

三浦春馬多部未華子共演作品アイネクライネナハトムジークの感動シーンまとめ

 

 

 

 

 

 

 

三浦春馬さんと多部美佳子さんは過去にも3度の共演があります。

4年に一度の共演から『オリンピックカップル』と呼ばれるようになり、「アイネクライネナハトムジーク」は3度目の恋人役でした。

 

①2014年 ドラマ『僕のいた時間』

三浦春馬多部未華子共演作品アイネクライネナハトムジークの感動シーンまとめ

 

 

 

 

 

 

 

三浦春馬さんがフジテレビ系ドラマに初めて単独主演した作品です。

筋肉が少しずつ衰えていく難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の侵された拓人(三浦春馬)と、同じ大学生の同級生・恵(多部未華子)が就職活動中、同じ面接会場で出会います。

こちらも2人は恋人同士となりますが、拓人は難病を抱えていて残された人生を模索しながら歩んでいくストーリー。

三浦さんは役作りをするにあたり芝居を通して伝えたかった思いを語っていました。

三浦さんのコメント

突然、大きな闇に包まれて、自分が過ごしていた世界がどん どん変化するけれど、ただ暗いだけじゃなく、その中でどうやって希望を見いだしていくのか。そして今まで意識していなかった周りの支えに感謝できるような、そんな思いが伝えられる芝居をしたいと思います。

引用:https://www.cinemacafe.net/article/2014/01/21/21372.html

とても難しい役だったと思いますが、多くの人の心に響きたくさんの人が希望を見出せたと思います。

 

②2010年 映画『君に届け』

三浦春馬多部未華子共演作品アイネクライネナハトムジークの感動シーンまとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

映画『君に届け』は大人気少女コミックが原作となっています。

クラスの人気者・風早翔太(三浦春馬)、見た目が地味で“貞子”のあだ名を持つ黒沼爽子(多部未華子)は同じクラスで正反対の2人。

暗い見た目から“貞子”と呼ばれるようになった爽子だが、見た目とは裏腹にとっても健気で純粋な女の子。

風早はいつもクラスの中心で、彼の周りには自然とみんなが集まってくる爽やか少年。

爽子は、風早に憧れていたがそんな憧れがいつの間にか恋に変わっていた。

三浦春馬さんは見た目も雰囲気も、風早くんそのものな感じでした。

一方多部未華子さんは、映画公開初日の舞台挨拶で満員の客席を見て大号泣したそうです。

爽子の純粋さ優しさが多部さんにもあり、役にも繋がっていたのだと思います。

 

ツイッターの声

 

 

 

 

見返されている方がたくさんいますね。

普段の何気ない日常で幸福や奇跡を感じることって少ないのではないでしょうか。

「アイネクライネナハトムジーク」はそんな日常の中にも幸福はたくさんあると教えてくれるような映画だと思います。

 

まとめ

三浦春馬多部未華子共演作品アイネクライネナハトムジークの感動シーンまとめをご覧いただきありがとうございました。

三浦春馬さんがこの世にいないことは今でも信じられませんが、多くの素晴らしい作品はこれからもずっと残り続けます。

多部未華子さんとの共演は「アイネクライネナハトムジーク」が最後の作品になってしまいましたが、今でも心に残る作品の一つです。

これからも三浦さんの笑顔は多くの人の心に残り続け、これからも出演された作品は愛され続けるでしょう。

まだ見たことがない方はぜひ見てみて下さい!

それでは、三浦春馬多部未華子共演作品アイネクライネナハトムジークの感動シーンまとめを最後までご覧いただきましてありがとうございました。