事故物件映画公開日はいつ?試写会で舞台挨拶はある?

事故物件 映画 公開日 試写会 舞台挨拶 いつ

「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」


今回は、事故物件映画公開日はいつ?試写会で舞台挨拶はある?をお届けします。

亀梨和也さん主演の映画「事故物件 恐い間取り」。

映画「事故物件 恐い間取り」は、「恐すぎて部屋に入れない」という読者が続出したベストセラーノンフィクション作品「事故物件怪談 恐い間取り」を映画化した作品で、著者は“事故物件住みます芸人”として活動する松原タニシさんです。

そして、監督は「劇場霊」や「スマホを落としただけなのに」などのホラー作品でお馴染みの中田秀夫監督。

本記事では、映画「事故物件 恐い間取り」の公開日はいつなのかや、試写会で舞台挨拶はあるのかについてご紹介していきます。

ぜひ、最後までお付き合いください。

 

事故物件映画公開日はいつ?

映画「事故物件 恐い間取り」は、8月28日(金)より全国公開されます!

ホラー映画なので、暑い夏にぴったりですね!

学生の方はまだ夏休みの方もいらっしゃるかもしれませんが、社会人の方はお仕事の方が多いと思うので、仕事帰り、もしくは土日に見に行かれる方が多いかもしれませんね。

「少しでも安く観たい!」という方は、ファーストデイやレディースデイに行くといいかもしれません!

 

試写会で舞台挨拶はある?

通常、公開日の約1ヵ月前に行われる完成披露試写会は開催されませんでしたが、公開を記念して下記の3つのイベントが開催されます!

  • 公開前夜祭「事故物件NIGHT」
  • 公開記念舞台挨拶
  • 公開記念舞台挨拶ライブビューイング

一つずつ詳しく見ていきたいと思います!

 

公開前夜祭「事故物件NIGHT」

公開前夜祭として、8月27日(木)18:30~の回の上映前に、丸の内ピカデリー1で開催される「事故物件NIGHT」。

亀梨和也さん、奈緒さん、瀬戸康史さん、中田秀夫監督、松原タニシさんが登壇される予定となっています。

プレリクエスト先行の抽選は既に行われていますが、一般発売(先着順)の受付期間は8/25(火)18:00~となっており、「ローソンチケット」にて2,100円(税込)で購入することができます。

原作者の松原タニシさんが出演されるのは公開前夜祭のみなので、いち早く「事故物件 恐い間取り」を楽しみたい方、松原タニシさんのお話を聞きたい方におすすめです!

 

公開記念舞台挨拶

8月29日(土)には、下記の日程で「公開記念舞台挨拶」が開催されます!

  1. 9:00~の回(上映後) 会場:丸の内ピカデリー1
  2. 9:45~の回(上映後) 会場:丸の内ピカデリー2
  3. 12:45~の回(上映前) 会場:丸の内ピカデリー1

亀梨和也さん、奈緒さん、瀬戸康史さん、中田秀夫監督が登壇される予定となっています。

プレリクエスト先行の抽選は既に行われていますが、一般発売(先着順)の受付期間は8/25(火)18:00~となっており、「ローソンチケット」にて2,100円(税込)で購入することができます。

土曜日だと仕事や学校が休みの方も多いと思うので、行ける方も多いのではないでしょうか!

 

公開記念舞台挨拶ライブビューイング

8月29日(土)9:00~の回の上映後に開催される「公開記念舞台挨拶ライブビューイング」。

本会場・丸の内ピカデリー1で行われる「公開記念舞台挨拶」の様子を生中継で見ることができます!

チケットの販売期間は8月20日(木)~、通常料金で購入することができますが、ライブビューイング実施劇場にキャストの登壇はなく、また、上映開始時間は劇場によって異なるため、注意が必要です。

ライブビューイング実施劇場はこちらから確認できます。

東京に住んでいなくて舞台挨拶を見に行くことができない方、舞台挨拶に申し込んだがはずれてしまった方におすすめです!

 

ツイッターの声

映画「事故物件 恐い間取り」の舞台挨拶についてのツイッターの声を集めてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「舞台挨拶に応募した」という声が多いですね!

亀梨和也さんは人気なので、倍率は高そうです!

 

まとめ

本記事では、映画「事故物件 恐い間取り」の公開日はいつなのかや、試写会で舞台挨拶はあるのかについてご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

映画「事故物件 恐い間取り」の公開日は8月28日(金)。

完成披露試写会は開催されませんでしたが、「公開前夜祭」「公開記念舞台挨拶」「公開記念舞台挨拶ライブビューイング」が行われます!

いつどこで開催されるのかや登壇予定者、チケットについてもご紹介しましたので、参考にしていただければ幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。