のだめ映画ネタバレ前編あらすじ結末!のだめはちあきと別れる?コンサートにも出られない?

のだめ 映画 ネタバレ 前編 あらすじ 結末 ちあき 別れ コンサート

「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」


今回は、のだめ映画ネタバレ前編あらすじ結末!のだめはちあきと別れる?コンサートにも出られない?をお届けします。

9月9日(水)より毎週月曜~金曜15時50分にフジテレビにて再放送される上野樹里さん、玉木宏さん主演のドラマ「のだめカンタービレ」。

ドラマ「のだめカンタービレ」は、最終回の視聴率21.7%を記録した大人気ドラマで、連続ドラマ放送後に特別編「のだめカンタービレ 新春スペシャル in ヨーロッパ」、映画「のだめカンタービレ 最終楽章」二部作が作られました。

本章では、2009年12月19日に公開された映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」のあらすじ、ネタバレ、結末について、のだめとちあきは別れるのかやコンサートにも出られないのかについてご紹介していきます。

ぜひ、最後までお付き合いください。

 

のだめ映画ネタバレ前編あらすじ結末!のだめはちあきと別れる?コンサートにも出られない?

2009年12月19日に公開された映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」のあらすじやネタバレ、結末をご紹介していきます。

 

デジャン管弦楽団の常任指揮者

千秋(玉木宏)はウィーンで有名なオーケストラの指揮を務めたり、自分のコンサートを見に来たのだめ(上野樹里)にネックレスをプレゼントしたりと、充実した日々を送っていました。

のだめも、コンセルヴァトワールでの進級試験のために意気込んでいましたが、そんな時、学友たちと乗っていたバスの車窓からあるポスターを見つけました。

それは、常任指揮者を募集していた有名オーケストラ・デシャン管弦楽団の常任指揮者に、プラティニ国際音楽コンクールで優勝した千秋ではなく、準優勝だったジャン(ジリ・ヴァンソン)が就任したというポスターでした。

失意の中にいた千秋でしたが、エリーゼ(吉瀬美智子)の勧めで、若き日の師匠・シュトレーゼマン(竹中直人)が指揮を務めた「ルー・マルレ・オーケストラ」の常任指揮者となりました。

ジャンのほうが華があるからという理由で選ばれたそうですが、華だったら玉木宏さんも十分ありますよね。

 

天才ピアニスト 孫・ルイ

そんな中、コンセルヴァトワールに世界でも有名な中国系若手天才ピアニスト、孫・ルイ(山田優)が留学してきてちやほやされており、のだめは嫉妬していました。

千秋の知人でもあるルイは、千秋に連絡を取り街角で会ったのですが、ルイが千秋に挨拶のキスをしているところをのだめは見てしまい、さらに嫉妬してしまいました。

外国の方は挨拶代わりにキスをするといいますが、そのような習慣がない日本人からすると嫉妬してしまいますよね。

 

ルー・マルレ・オーケストラ

千秋が常任指揮者となったルー・マルレ・オーケストラは伝統あるオーケストラでしたが、現在では資金繰りが悪く、劇場を子どもバレエ団にも貸しているため練習不足で、さらにエキストラを雇わなければオーケストラとして成立しないほど落ちぶれたオーケストラでした。

加えてメンバーのモチベーションも低いため、リハーサルでもひどい演奏しかできないまま、演奏会当日を迎えました。

演奏会当日、メンバーが突然辞めたことによりドラとチェレスタの担当がいなくなってしまったため、千秋はのだめに電話しチェレスタの担当を頼みます。

千秋と初めて共演できることになった千秋は喜んで劇場に行きますが、演奏会を見に来ていたルイの姿を見つけた団員が、彼女がチェレスタを弾くために来たと勘違いをします。

のだめは空気を読んで身を引き演奏会を見守りましたが、練習不足のルー・マルレ・オーケストラの演奏はひどいもので、千秋は屈辱を味わいました。

せっかく千秋と共演できると思って喜んで来たのに、のだめがかわいそうです。

 

新しいルー・マルレ・オーケストラ

千秋はルー・マルレー・オーケストラの現状を変えようと、まず団員のやる気のなさの原因を突き止めました。

そもそもオーケストラが資金不足でオーケストラだけでは食べてはいけず、団員がバイトをしなければいけないのが練習不足の一因となっていたため、千秋は大々的なオーディションを行ってメンバーを再構成しました。

千秋の熱血指導により、新しいルー・マルレー・オーケストラが誕生し、次のコンサートでは大成功を収めました。

さすが千秋先輩ですね!

 

2人の別れ!?

コンサートで大成功を収めた千秋に対し、自分はまだ音楽院の学生であるということに焦りを感じたのだめは、コンクールに出場して優秀な成績を残せば少しでも千秋に近づくことができると考え、オクレール先生にコンサートに出たいと言いました。

しかし、「今はいろんな作曲家に触れることが大事。自分に欠けている何かに気が付けるまでは、コンクールには出場禁止」と言われてしまいます。

一方、千秋は「今のままじゃダメな気がする」と思い、のだめに相談せずアパートを出ていく決心をしていました。

そして、のだめに「俺たちしばらく離れて暮らそう」と告げるのでした。

このラストは後編が気になってしまいます!

別れないでほしいです!

 

ツイッターの声

映画「のだめカンタービレ 最終楽章」についてのツイッターの声を見ていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「何回も見ている」「玉木宏さんがかっこいい」「パリに行きたい」という声が多いです!

内容ももちろんですが、ロケーションも素敵ですよね。

 

まとめ

本章では、2009年12月19日に公開された映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」のあらすじ、ネタバレ、結末について、のだめとちあきは別れるのかやコンサートにも出られないのかについてご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

ドラマ「のだめカンタービレ」は、9月9日(水)より毎週月曜~金曜15時50分にフジテレビにて再放送が始まりますが、連続ドラマ後の話となる2009年12月19日に公開された映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」のあらすじ、ネタバレ、結末をご紹介していきました。

のだめとちあきはこのまま別れてしまうのか、のだめはこのままコンサートにも出られないのか気になりますね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。