私たちはどうかしている七桜のお母さんが死んだ理由は?


私たちはどうかしている七桜のお母さんが死んだ理由は?をお届けします。

いよいよ今夜から「私たちはどうかしている」が始まりましたね。

序盤から衝撃的なシーンが流れてびっくりしました!!

光月庵の主人が包丁でさせれてなくなってしまい、なんと七桜の母親が犯人にされ逮捕されてしまいましたね。

それでは、私たちはどうかしている七桜のお母さんが死んだ理由は?と題してお母さんがどうなったのかをお届けしていきます。

 

私たちはどうかしている七桜のお母さんが死んだ理由は?

七桜の母親は、逮捕されて取り調べ中に、体調を壊して亡くなりました。

よっぽどきつい取り調べだったんでしょうね。

犯人でもないのに犯人にされたあげくの果てに、亡くなるなんて悲しすぎる展開。

まだ小さかった七桜にとっては、大好きだったお母さんが犯人として逮捕されたことだけでもショックが大きすぎたのに、その上もう会うこともなく死んでしまったことは、とても辛く、受け入れがたい出来事だったでしょうね。

椿の証言が無ければ、七桜の母親は逮捕されることもなければ、死ぬこともなく、いつまでも親子で光月庵にいられたのに。

七桜は相当、椿を恨んでいるようです。

 

母からの手紙

謎の男が突然現れ、七桜に一通の手紙を渡しますが、その直後一瞬にしてその謎の男の姿は無くどこかへ消えてしまいました。

消えるのがめちゃくちゃ早かったですね!

その男が何者なのかとっても気になりますが、悪い人間ではなさそうでしたよね?

 

手紙の中身は?

なんとたったの一文だけでした!

しかしそこには、自分は犯人ではない、何もやっていない!と力強い字で記されていたのです。

これを見た七桜は泣き崩れ落ちます。

母を陥れた黒幕と旦那様を殺した真犯人を見つけるべく、復習のために光月庵に潜り込んだ七桜は、黒幕にたどり着くことはできるのでしょうか?

 

まとめ

私たちはどうかしている七桜のお母さんが死んだ理由は?をお届けしてきましたが、いかがでしたか?

七桜は、自分の母親を死に追い込んだ椿や、光月庵にいる真犯人の黒幕であろう人物を未だに恨んでいるのにもかかわらず、椿と結婚することを決めました。

光月庵の人間は、いい人ばかりでななさそうで、女将をはじめとする他の職人の中にも、七桜に嫌がらせをする人物がいそうですね。

これからたくさんの試練が、七桜に降りかかってきますが耐えることができるのか?

これからの展開が面白くなりそうですね!

私たちはどうかしている七桜のお母さんが死んだ理由は?と題して、七桜のお母さんのことや、椿と七桜の関係性について書いてきました。

最後までお読みいただきありがとうございます。