わたどうドラマ椿は誰の子?本当の父親は他にいる!?

わたどう ドラマ 椿 誰の子 女将 父親

今回は、わたどうドラマ椿は誰の子?本当の父親は他にいる!?をお届けします。

8月19日(水)22:00~日本テレビにて第2話が放送される「私たちはどうかしている」、略して「わたどう」。

浜辺美波さん演じる七桜と、横浜流星さん演じる椿が主人公の物語です。

横浜流星さん演じる椿は、老舗和菓子屋・光月庵の跡取り息子ですが、実は15年前に亡くなった光月庵の若旦那・高月樹とは血が繋がっていないのです!

では、椿は母親である光月庵の女将・高月今日子と誰との子なのでしょうか?

本記事では、ドラマわたどうの椿は女将と誰との子なのかについて、本当の父親は他にいるのかや誰の子なのかをご紹介していきます。

ぜひ、最後までお付き合いください。

 

わたどうドラマ椿は誰の子?

椿(横浜流星)は、15年前に亡くなった光月庵の若旦那である高月樹と女将・今日子の子ども、つまり光月庵の跡取り息子として育てられてきました。

しかし、実は椿は樹の子どもではなかったのです!

七桜の母親・大倉百合子(中村ゆり)は、亡くなる前に七桜と樹のDNA鑑定と、椿と樹のDNA鑑定をしていました。

その結果、七桜は百合子と樹の子ども、椿と樹は血のつながりがないということがわかりました。

実は、樹は椿と自分に血のつながりがないことは知っていました。

なぜなら、樹は結婚前から愛していた百合子と不倫をしており、実の妻である今日子とは肉体関係がなかったからです。

ですが、椿のことは自分の子どもとして育てていました。

実の妻である今日子と肉体関係がなかったということは、女将も不倫してたことになります。

W不倫で、自分の妻と別の男との間にできた子どもを自分の子どもとして育てているなんてドロドロですね。

とってもややこしいです。

 

本当の父親は他にいる!?

樹が実の妻である今日子と肉体関係がなかったということは、女将も不倫してたことになります。

樹と今日子は政略結婚で、結婚後も樹は百合子の関係は続いていました。

夫の不倫を知った今日子は自らも不倫をし、妊娠して椿を産みます。

ということは、女将の不倫相手が椿の本当の父親ということになります。

政略結婚とはいえ、夫に不倫されているのは辛いですね。

だからといって、自分も不倫をし、そのうえ不倫相手の子どもを産んで表向きは夫との子として育てるなんて、やっていることが無茶苦茶です(^^;

 

女将の不倫相手は?

女将の不倫相手が椿の本当の父親ということになりますが、女将の不倫相手は誰なのでしょうか!?

女将の不倫相手、つまり椿の本当の父親はなんと、多喜川薫(山崎育三郎)の父親です。

多喜川薫は、1話で七桜に百合子からの手紙を渡していましたね。

その多喜川薫の父親が、女将の不倫相手となります。

つまり、多喜川薫と椿は異母兄弟という間柄ですね。

しかし、多喜川薫の父親は既に亡くなっているため、ドラマの相関図の中にも出てきていません。

女将の今日子の不倫相手、多喜川薫の父親役を誰が演じるのか気になりますね!

 

ツイッターの声

わたどうについてのツイッターの声を集めてみました。

 

 

 

 

 

「面白い」「美しい」という声が多いですね!

内容はドロドロしていて面白いですが、主演の2人はもちろん和菓子も美しいですよね!

第2話も楽しみです!

 

まとめ

本記事では、ドラマわたどうの椿は女将と誰との子なのかについて、本当の父親は他にいるのかや誰の子なのかをご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

ドラマのわたどうの椿は、本当は誰の子なのかというと、女将と女将の不倫相手である多喜川薫の父親との子どもでした。

そのため、椿と樹に血のつながりはなく、多喜川薫と椿は異母兄弟という関係になります。

ドロドロしていてややこしいですが、原作もドラマも面白いですよね!

ドラマはまだ始まったばかりなので、どんな展開になっていくのか楽しみです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

>>わたどうを1話から最新話まで一気に無料で見るおすすめの方法は断然これ!