トイレットペーパー品薄なぜ?いつまで続くの?買えるお店や口コミも紹介

トイレットペーパー品薄はいつまで続く?買えるお店はどこ?

こんにちは!そらです。

今回は、トイレットペーパー品薄なぜ?いつまで続くの?買えるお店や口コミも紹介をお届けします。

新型コロナウイルスの影響で、どこへ行ってもマスクや除菌ジェルなどの売り切れ状態が続いています。

北海道では新たに感染している人が見つかるなど、感染者数は増え続ける一方です。

そして、熊本県ではトイレットペーパーがなくなるというデマが広がり、こういったデマを店舗では買い求めるお客さんで溢れ返して騒然となりました。

デマを流して国民を不安に陥れ、トイレットペーパーを買い占めてネットで高額で売りつける。

こんなことは許される行為ではありません。

また、トイレットペーパーの他にも生理用品やティッシュまでもが品薄状態になっているんです!

どうかデマを信じずに、行動したいところですが実際に売り切れになると我が家も困るものばかり。

ということで今回は、トイレットペーパー品薄なぜ?いつまで続くの?買えるお店や口コミも紹介と題してお届けしたいとおもいます。

ぜひ最後までお付き合いください。

 

トイレットペーパー品薄なぜ?

”トイレットペーパーやティッシュペーパーが品薄になりそう。

理由は製造元が中国だからです。事前に購入しておきましょう!”

こんな悪質なデマが流れたのが原因です!

デマを流したとされる、富田優史(とみたゆうじ)という人物も判明したそうです。

このデマを信じきった人が買占めたことで、一時的にトイレットペパーが品薄になっていますが、この状態が長く続くということはないので、安心してくださいね。

 

そして、経済産業省も発表しています。

トイレットペーパーは、中国が製造元ではなく、日本で生産されているのでトイレットペーパーはなくなりません。

ですから、くれぐれも買占めはやめましょうね!

 

トイレットペーパー品薄はいつまで続く?

日本で生産しているので、通常通り生産されればそんなに長く売り切れ状態が続くことはないのではないでしょうか?

ですが、すでにニュースやツイッターでも品切れや品薄状態が流れているので、まだまだ買占めに行かれる方が減らなことには状況の回復するのにも時間がかかってしまいます。

長くても1週間くらいではないでしょうか。

 

買えるお店はどこ?

2月28日にはまだコンビニに在庫はあったようですね!

1日経った今日はすでにコンビニも売り切れの店舗も増えているようですよ。

こんな投稿も見つけました!

トイレットペーパーの製造は忙しくなっているようでうが、毎日十分な数を搬入しているとのこと。

むやみに買い占めずに、いつも通りでいいんですよね。

デマが流れた影響でこんな状況に!

まるでオイルショックみたいですよね。

 

オイルショックと同じ?

1970年代に2度にわたって原油の価格が高騰し、世界的な経済の混乱が発生した「オイルショック」。

各地でトイレットペーパーの買い占めが起こり、市場からトイレットペーパーが姿を消しました。

新聞などのメディアを通じて拡散され、噂を信じた多くの人々が、トイレットパーパーを中心に砂糖や石鹸などを買い占め、騒動は全国に拡大しました。

今まさにオイルショックと同じ状況が起こっています。

噂をすぐ信じてしまう、日本人特有の感覚は昔も今も変わっていないということです。

 

ツイッターの声

どこ行っても品切れのところが多いですね!

阿部さんも会見では、十分な入荷が見込めると言われていました。

家のトイレットペーパーが無くなったらすぐにでも欲しいので、そういう場合は本当に困ってしまいます。

 

トイレットペーパー品薄はいつまで続く?買えるお店はどこ?まとめ

トイレットペーパー品薄はいつまで続く?買えるお店はどこ?をお届けしていましたが、いかがでしたか?

トイレットペーパーがなくなるというのはデマでしたね!

ドラッグよりはコンビニに在庫があるところもありました!

1週間もすれば店頭には、トイレットペーパーやティッシュなど紙製品が、戻ってくると思います。

しかし、いつまでも買占めが続くとオイルショック状態が回復しないので、もう買われた方は明日以降買いに行くのはやめましょうね!

それでは、トイレットペーパー品薄はいつまで続く?買えるお店はどこ?を最後までお読みいただきありがとうございました。

また、追記します。