伊勢神宮の初詣はいつからいつまで?混雑状況や混みやすい期間と時間帯を紹介

伊勢神宮 初詣 混雑 混みやすい 期間 時間帯 いつから いつまで

「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」


新年明けましておめでとうございます!

ほとんどの方が毎年欠かさず初詣に出かけていることと思いますが、今年はコロナ禍なので、なるべく混みやすい期間や時間帯を避けて初詣に行きたいですよね!

私はここ数年、地元の神社へ初詣に出かけているので、混みやすい時間帯など混雑状況はだいたい把握できていますが、以前は『伊勢神宮』のような、有名な大きな神社に初詣に出かけていたこともありました。

普段行かない神社の初詣の期間はいつからいつまでなのか?など、ちゃんと情報をリサーチして行かないと渋滞にハマったり、駐車場が空いていなかったり、混んでいて参拝できなかった!というようなことになると大変です!

移動に時間がかかる時こそ、空いている期間や時間帯を狙ってスムーズに行きたい!

そこで今回は、伊勢神宮の初詣はいつからいつまで?混雑状況や混みやすい期間と時間帯を紹介と題して、詳しくご紹介していきますので、ぜひ、最後までお付き合いください。

 

伊勢神宮の初詣はいつからいつまで?

毎年伊勢神宮では、午前中から夕方にかけての時間帯が最も混雑し、2時間待ちになることもありましたが、今年はコロナ禍のため、伊勢市は初詣の「分散参拝」を呼びかけていて、インターネットで伊勢神宮の内宮周辺の混雑状況を伝える取り組みも行っていました。

その結果、伊勢神宮内宮・外宮両宮の2021年1月1日~3日の三が日の参拝者数は、昨年の約3割の約17万人となりました。

ツイッターなどでも「今年は静かだった」という声が多かったですね!

2021年1月1日~3日の三が日各日の伊勢神宮の参拝者数は以下の通りです。

  • 1日:6万5535人(内宮:4万3095人、外宮:2万2440人)
  • 2日:5万9076人(内宮:4万2141人、外宮:1万6935人)
  • 3日:4万5914人(内宮:3万1357人、外宮:1万4557人)

合計17万525人(内宮:11万6593人、外宮:5万3932人)

例年に比べるとかなり静かなお正月になったようですね。

 

2021年の初詣の参拝時間

2021年の伊勢神宮の初詣の参拝時間は、新型コロナウイルスの影響により、例年とは違った参拝時間となっています。

  • 2020年12月31日(木):5:00~終日
  • 2021年1月1日(金)~4日(月):終日
  • 2021年1月5日(火):0:00~20:00
  • 2021年1月6日(水):5:00~20:00
  • 2021年1月7日(木):5:00~18:00
  • 2021年1月8日(金)以降(4月まで):5:00~18:00

伊勢神宮は、年末年始の参拝時間を短縮せず、夜間も参拝可能にすることにより、分散を促して対策を取ったとのことです。

初詣は、一般的に松の内(関東では1月7日、関西では15日)までに行った方がいいと言われていて、それを過ぎてしまったら小正月(1月15日)、もしくは節分(2021年2月2日)までに詣でるのがいいといわれていますので、参拝時間を参考にしてみてください!

 

例年の混雑状況は?

毎年初詣に全国各地から伊勢神宮に集まる人の数は、年末年始の9日の間に60万人を超えるそうです!

12月31日から新年の三が日にかけては特に混雑し、昼はもちろん夜も歩行者天国状態になります。

尚、過去3年の1月1日~3日の三が日の参拝者数は以下の通りです。

  • 2020年:56万320人
  • 2019年:51万3112人
  • 2018年:48万1751人

3日間だけで毎年約50万人の参拝者が訪れていたんですね!

 

伊勢神宮の初詣の混雑状況や混みやすい期間と時間帯を紹介

“伊勢神宮”は日本の中でも、大変人気のある神社で、毎年日本中から人が集まるため、年末から年始にかけてはものすごい混雑になっています。

お正月休みだから、時間はたっぷりあるというものの、人混みというのはできることなら避けたいですよね!

大小関わらず、どこの神社を取っても、ずっと混雑しているわけでなく、『伊勢神宮』も実は、混んでいない期間や時間があるので、本章では、伊勢神宮の初詣の混みやすい期間と時間帯がいつからいつまでなのかをご紹介していきます。

この期間・時間帯を避ければ、ゆったりと初詣できるかと思いますので、参考にしてみてください!

 

混みやすい期間は?

2021年は例年と比べると混んではいませんが、やはり1月1日~3日の三が日は混みやすいです。

私は以前、大晦日の夜に車で高速道路を走ってお伊勢さんに向ったことがありますが、渋滞もなく駐車場もすんなり停めることができました。

まだ薄暗い時間だったので、朝の5時頃だったと思います。

さすがに“おかげ横丁”はどのお店もまだ開いていませんでしたが、内宮の本殿まで難なく辿り着けましたので、

混雑を避けたい場合は、大晦日の夜から元旦の朝にかけて行かれることをオススメします!

三が日は昼も夜も終日混雑が予想されるので、4日以降の参拝なら人の数も少しずつ減ってきますので人混みが絶対イヤだという人にはオススメです!

 

混みやすい時間帯は?

2021年は例年と比べると混んではいませんが、他の時間帯と比べると以下の時間帯は混みやすいです。

  • 12月31日:23:00~翌1日3:30
  • 1月1日:10:00~17:00
  • 1月2日:10:30~17:00
  • 1月3日:10:30~17:00

20:00~24:00(12月31日を除く)、5:00~7:30の時間帯は混みにくいのでおすすめですが、朝方や夜はとても冷え込むので、防寒だけはしっかりとして行ってくださいね!

 

混雑しない駐車場はどこ?

伊勢神宮の初詣の混雑状況は?混みやすい期間と時間帯いつからいつまで?

内宮に参拝する場合は、内宮A1、A2、A4駐車場が近くてオススメです。

混雑していない早朝や、夜間に参拝される方にオススメですが、昼間の混雑時は満車になるのでその時は、内宮B1、B2、B3、B4、B5、B6があります。

伊勢神宮の初詣の混雑状況は?混みやすい期間と時間帯いつからいつまで?

外宮に参拝する場合は、外宮第1駐車場、外宮第2駐車場、外宮第3駐車場、北御門広場臨時駐車場がオススメです。

 

平日は駐車場がお得に!

2021年は混雑を緩和するために「平日伊勢まいり」と題して、平日に伊勢神宮を参拝してもらおうという対策が行われていて、1月6日~29日の平日限定で、市営宇治駐車場の入庫後最初の4時間までの駐車料金が無料になります!

期間区分駐車料金(駐車1回につき)
令和3年1月6日~29日の土日祝を除く平日最初の4時間まで無料
4時間超~5時間まで500円(17:00 ~ 7:00に入庫した場合、400円割引)
5時間超~30分毎に100円を加算
伊勢神宮 初詣 混雑 混みやすい 期間 時間帯 いつから いつまで

これから参拝しようと考えている方は、平日に行くことをおすすめします!

 

ツイッターの声

 

 

 

 

「今年は混雑していない」という声が多かったですね!

 

まとめ

今回は、『伊勢神宮』の初詣の混雑状況や、混みやすい期間と時間帯いつからいつまで?をお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

混雑状況や、混みやすい期間と時間帯がいつからいつまでなのか、知っていただけたかと思います。

事前にしっかりとリサーチをして行くことで、渋滞や混雑にハマることなく参拝できます。

新たな年のお願い事よりも、今年1年のお礼と感謝の意を神様にお伝えをしに、1年の締めくくりと新しい年に向け、『伊勢神宮』の初詣にお参りしてみてはいかがですか?

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。