ザファブル映画ネタバレ面白い?面白くない?感想・評価を紹介

ザファブル 映画 面白い?面白くない?感想・評価を紹介

今回は、ザファブル映画ネタバレ面白い?面白くない?感想・評価を紹介をお届けしていきます。

2019年6月21日に公開された岡田准一さん出演の映画「ザ・ファブル」。

どんな相手でも6秒以内に殺す天才殺し屋ファブル(岡田准一さん)が、ボス(佐藤浩市さん)から1年間一般人として普通に暮らすことを命じられるところから物語が始まります。

岡田准一さんや佐藤浩市さんの他にも、山本美月さんや福士蒼汰さんなど人気の俳優さんが多数出演されています。

人気漫画が実写化されたことや、岡田准一さんのアクションシーンが話題になった映画ザファブルですが、映画を観た人は面白いと思ったのでしょうか?

それとも面白くないと感じたのでしょうか?

本記事では、映画ザファブルの評価について、ネタバレの面白いという感想と面白くないという感想を集めてみました。

映画ザファブルの評価を知りたい方に参考にしていただければ幸いです。

 

ザファブル映画ネタバレ面白い?面白くない?

本章では、映画ザファブルを面白いと感じた方、面白くないと感じた方、それぞれの声を集めてみました。

 

ザファブル映画面白い人の感想は?

初めに、映画ザファブルを面白いと感じた方の声を見てみましょう。

「アクションがすごい」「シュールな笑いが面白い」という声が多いですね。

「木村文乃さんが可愛い」や「柳楽優弥さんが面白い」など、役者さんへの評価も高いようです。

特殊部隊で訓練を受けたフランス人のアクション振付師を起用したそうですが、本当に迫力あるアクションでしたね!

 

ザファブル映画面白くない人の感想は?

続いて、映画ザ・ファブルを面白くないと感じた方の声を見ていきましょう。

「アクション以外は微妙」「後半のストーリーが原作と離れている」「アクションシーンの人が多すぎてごちゃごちゃしている」「アクションシーンを増やしてほしかった」という声が多いですね。

岡田准一さんのアクションシーンが絶賛されているので、もう少しアクションシーンに登場する人を減らすと岡田准一さんのアクションが目立つので、より面白くなったのかもしれません。

 

ザファブル映画ネタバレ感想・評価を紹介

岡田准一さんは、以前からアクションがすごいと言われていましたが、ザファブルでもその技術を十分に発揮していて、迫力のあるアクションシーンとなっています!

コメディ要素もある映画で、主人公のファブルが猫舌だったり食べ方が人とズレていたりと、設定も面白いので、映画が終わるまでがあっという間に感じます!

また、キャストの方々が素晴らしいです!

特に、柳楽優弥さん、木村文乃さん、安田顕さんのファンの方は必見の映画だと思います!

柳楽優弥さんが演じている小島は、「アドレナリン全開デンジャラスメーカー」という設定ですが、まさにその通りで、いい意味でぶっ飛んでいてとても面白いです!

木村文乃さんは、Twitterでも「可愛い」と絶賛されていましたが、男性が見たら絶対に好きになってしまうぐらいかわいくて、綺麗でした。

安田顕さんは名脇役として有名ですが、ファブルでも存在感がすごく、また、ヤクザの衣装や髪型がハマっていてかっこよかったです!

原作を知っていると、原作と違う部分があったりして違和感を感じてしまうようですが、原作を知らずに見るとアクションやストーリー、設定が面白くて、最初から最後まで楽しめる面白い作品だと感じました。

 

まとめ

本記事では、映画ザファブルのネタバレ評価について、面白いという感想と面白くないという感想を集めてみましたが、いかがでしたでしょうか?

面白いという評価では「アクションがすごい」「役者さんがすごい」などの声が多く、面白くないという評価では「アクション以外が微妙」「原作と離れているシーンがある」などの声がありました。

原作ファンの方からすると「原作違う」と感じてしまうシーンもあったようですが、アクションシーンに関しては絶賛の声が多くありました!

アクションシーンが好きな方、コメディが好きな方、映画ザファブルに出演されているキャストが好きな方には必見の映画だと思います!

ということで、ザファブル映画ネタバレ面白い?面白くない?感想・評価を紹介を最後までお読みいただき、ありがとうございました!